若ハゲのほとんどは遺伝による薄毛なんです|大学生の若ハゲ対策・予防

MENU

若ハゲのほとんどは遺伝による薄毛

若ハゲになる人は、男性ホルモンの影響を受けやすい体質を受け継いでいる可能性が高くなります。

遺伝的要素によるものですので、この部分を変えることはできません

男性ホルモンの働きが活発であっても、その影響を受けにくい体質なら薄毛になるリスクが下がりますが、一般的な範囲の働きであっても影響を受けやすければ薄毛や抜け毛の症状に悩まされることになります。

そのため遺伝的要素を持っている人は

 

症状が現れ始めると早い段階で諦めてしまうことがあります。確かに薄毛になりやすいという状態は変えられませんが、早期にケアを始めることで回復できますので、遺伝だからと諦めずにケアを続けていくことが大切

若ハゲに効く育毛剤とは

若ハゲの場合、ほとんどが男性ホルモンの影響を受けています。そのため、男性ホルモンの働きを抑制してくれる育毛剤がよく効きます。他の人から見たら分からないくらいの症状なら、育毛剤だけで進行を抑えられる可能性があります。

 

最近では男性型脱毛症の治療を行ってくれるクリニックもたくさんありますので、そのような施設を利用するというのも一つの方法です。飲み薬や塗り薬を処方されますので、それを数カ月間継続して様子を見ていきます。

 

中には頭皮に直接効果のある成分を注入する方法もあり、他の治療よりも効果が早くでると言われています。このように今では色々な選択肢がありますので、まずはどのような治療法があるのかを調べ、後悔のない選択をすることが大切

 

男性ホルモンは生活習慣でも整えられる

男性ホルモンの働きが乱れがちの人は、生活習慣に問題を抱えていることも少なくありません。

 

食事のバランスが悪かったり

 

睡眠時間が不足していたり

 

運動を全くしていなかったり

 

といった問題を抱えていると、どうしても自律神経の調節が上手く行えなくなります。自律神経が乱れるとホルモンバランスにも影響を与え、心身に様々な変化が現れます。

 

ホルモンバランスを整えるためには規則正しい生活を送ってストレスを溜めこまないようにすることがもっとも重要です。生活習慣は日々の積み重ねであり、急に変えることは難しいかもしれませんが、できるところから変えていけば少しずつ変化が現れてきますし、体調にも良い影響を与えます。

 

 

>>若ハゲ対策 TOP