若ハゲの見分け方には抜け落ちる部分を見る|大学生の若ハゲ対策・予防

MENU

毛が抜けること自体は悪いことではない

これまで40代以上において悩みとして多かった抜け毛の悩みが、それまで悩むことのなかった20代前半から悩む人が増えています。そもそも毛が抜けるというのは毛周期というものがあり、毛周期は毛は常に健康に活動するためにある一定期間までに伸びきった後に数数週間それを維持しその後新しく生え変わる毛が活動するために抜け落ちるということをします。

 

そのため毛周期がまれに毛の奥に抜け落ちる習慣に当てはまってしまうと、20代前半の細胞が生きている段階であっても薄毛になることがあります。しかしその状態であれば時間がたてば元に戻りますが、そこに若年性脱毛症と呼ばれる症状の入った若ハゲになると話は変わることになります。

 

若年性脱毛症の場合の若ハゲの見分け方

通常の若ハゲにおいては時間がたてば自然と埋まり治りますが、しかし若年性脱毛症を発症した場合の若ハゲにおいて注意が必要になります。それは先に言った毛周期の一周の中で抜け落ちるという部分が予定よりも早い周期で来るということであり、伸びきる前に落ちてしまうので薄毛を促進することになるのと一度抜け落ち始めると進行が速いのです。

 

若年性の場合の原因としては

 

遺伝性だったりまた何らかの原因でホルモンバランスが崩れていることで引き起こされる物です。若ハゲとそうでないハゲを見分けるポイントとしては、通常のハゲの場合には最も負担のかかる頭頂部から徐々に薄くなるのですが若ハゲの場合の見分け方には毛の数が少ない前頭葉部分から薄くなっていきそれが全体に回ります。

 

若年性脱毛症での若ハゲを見つけた際には

前頭葉部分からはげていくことでアルファベットのM字のようになることが見分け方の特徴ですが、この状態を見つけた段階ですぐに対処しないと進行度が速く全体に回ることになります。

 

対処法としては

 

行きすぎたホルモンを調節するために抗ホルモン剤を使うことによって進行を遅らせます。そのうえで体質改善を促すために、髪に栄養を送るために血流を促進するために軽い運動や入浴を欠かさずにおこないます。

 

食事の面でもミネラルやビタミンを取り細胞の保護や修復速度を回復させるとともに、食事によって血流を阻害する老廃物を外に出すために野菜や海藻類を多めに取ることによって髪の毛根に十分な栄養を行き渡らせることで予防につながります。

 

 

 

>>若ハゲ対策 TOP