若ハゲを防ぐ食べ物で薄毛改善|大学生の若ハゲ対策・予防

MENU

若ハゲの定義と原因について

「若ハゲ」は文字通り若くして頭がハゲてしまうことです。医学的には10代から30代にかけて発症するものと定義されており、正式には「若年性脱毛症」と呼ばれています。

 

このハゲの特徴は

 

若ハゲ

前頭部から前頂部にかけて髪が薄くなったり、前頭部が徐々に後退していくことが挙げられます。若ハゲの原因は様々ですが、主にストレスや睡眠不足、食生活や間違った髪のお手入れが考えられています。

特に食生活に関しては

 

脂っこい食事やレトルト食品、インスタント食品やコンビニ弁当など、栄養バランスの偏った食事をしている人は若ハゲに陥りやすくなります。自分が若ハゲだと感じたら、まず食生活を改善していくことが大切

 

若ハゲ対策に有効な食べ物

それでは若ハゲ対策にはどのような食べ物が良いのでしょうか。私達の髪は、主に「タンパク質」が素となって出来ています。

 

タンパク質

そのためタンパク質が豊富に含まれる肉や魚、卵や乳製品、そして納豆や豆腐などを積極的に取るようにしましょう。

 

また男性に特に必要とされる「亜鉛」も、重要な栄養素の一つです。特に男性の場合、男性ホルモンを作る際に亜鉛が使われるため、欠乏しやすい栄養素でもあります。

 

お肉

亜鉛は肉類やうなぎ、いわし、牡蠣などの貝類、そして納豆やアーモンド、高野豆腐、そして海藻類に多く含まれています。ここまでで挙げた2つの栄養素以外にも、皮膚の新陳代謝を促すビタミンやカプサイシン、イソフラボンが含まれる食べ物がおすすめです。

 

若ハゲを悪化させてしまう食事

ハゲ対策に有効なのは「タンパク質」「亜鉛」「ビタミン」、そして「カプサイシン」「イソフラボン」が含まれる食べ物であることが分かります。それでは、逆にハゲを悪化させてしまう食事にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

コンビニ弁当

まず前述のレトルト食品、インスタント食品、コンビニ弁当、そして冷凍食品が挙げられます。これらの食品は、食中毒を防ぐために洗浄や高熱処理が施されているため多くの栄養素が失われています

 

このような食事を続けると、必然的に栄養失調に繋がり結果的にハゲを悪化させてしまいます。またほとんどの加工食品には亜鉛を体内から排出してしまう「結着剤」が含まれているため、ハゲに悩んでいる人は加工食品も避けるのが無難です。

 

 

>>若ハゲ対策 TOP